コンテンツにスキップする

ブラックストーンやビスタ、ツイッター買収資金提供せず-関係者

更新日時
  • 買収・非公開化の提案をブルックフィールドも支援しないことを決定
  • アポロは与信か優先株の形で買収計画への参加に関心があるという

米電気自動車(EV)メーカー、テスラの最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏による米ツイッターの買収・非公開化計画に対し、プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社ブラックストーン・グループビスタ・エクイティー・パートナーズが資金提供の可能性を否定した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、ツイッターの企業価値を430億ドル(約5兆5600億円)と評価する買収・非公開化の提案について、ブルックフィールド・アセット・マネジメントも支援しないことを決めた。

  関係者によると、ブラックストーンとビスタは、予想されるマスク氏や他の買い手によるいかなるツイッター買収への参加にも現時点で関心がないという。ブラックストーンとビスタ、ブルックフィールドの担当者は、コメントを控えている。

ツイッター、「ポイズンピル」を採用-マスク氏の買収案を阻止へ

  ただ、マスク氏が利用できる他の多くの資金源が存在することも確かだと関係者の1人は話す。

  ブルームバーグ・ニュースが今週伝えたところでは、アポロ・グローバル・マネジメントは与信か優先株の形でツイッター買収計画に参加することに関心がある。ブルームバーグの報道によれば、テクノロジーに特化したPE投資会社トーマ・ブラボーなど他の潜在的買い手からの関心にもツイッターはこれまで対応してきた。

  ブラックストーンとビスタ、ブルックフィールドがマスク氏の支援に関心がないと英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が先に報じていた。

  同紙によると、マスク氏や他の買い手がツイッターの非公開化を完了するには、200億ドルを大幅に上回る新株発行が必要となり、保有するツイッター公開株と非公開会社の権益を交換しようとする既存株主の参加、デットファイナンスによって残りの資金を賄うことになりそうだ。

原題:Blackstone, Vista Said to Rule Out Financing Musk’s Twitter Bid

Blackstone Decided Against Equity for Musk Twitter Bid: FT(抜粋)

(アポロに関する情報などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE