コンテンツにスキップする

ゴールドマン、CEOや幹部ら60人以上がトランプ派共和党候補に寄付

  • 元ヘッジファンドCEOのマコーミック氏、上院選出馬-5月予備選
  • 妻はゴールドマン幹部、選挙運動チームには前政権顧問らがずらり

米中間選挙の鍵を握ると言われるペンシルベニア州の上院予備選を前に、トランプ前大統領のアジェンダを引き継ぐ共和党候補者にゴールドマン・サックス・グループの幹部からの寄付が相次いでいる。

  「米国ファーストの保守派」を自負するデービッド・マコーミック氏に、個人としての上限額で支援したゴールドマンの幹部は60人を超えた。同氏は世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツの元最高経営責任者(CEO)。妻のディナ・パウエル・マコーミック氏はゴールドマンのパートナーでもある。

  マコーミック候補の選挙運動には、かつてトランプ氏を顧問として支えたスティーブン・ミラー氏やホープ・ヒックス氏といった側近が参加している。選対チームはメキシコ国境地域に赴き、違法移民に対する憤りぶりを演出。米プロフットボールリーグ、NFLのスーパーボウル放送時には、バイデン大統領を侮辱する意味を隠したスローガン「レッツ・ゴー・ブランドン」を連呼するテレビ広告を展開した。マコーミック候補の支持者には、ゴールドマンのデービッド・ソロモンCEOやジョン・ウォルドロン社長、投資銀行部門の共同責任者ダン・ディーズ氏が含まれる。

 

Pennsylvania Senate Candidate David McCormick Holds Campaign Event
デービッド・マコーミック氏
Source: Bloomberg

  

  届け出によれば、ゴールドマンの従業員が寄付した額は合計で22万ドル(約2800万円)を超えた。寄付金は選挙当たり2900ドルが上限とされている。

  現在の上院は民主・共和が同数できっ抗しており、11月の選挙次第でどちらの党が過半数を制するかが決まる。ペンシルベニア州予備選は5月17日に開かれる。共和党の中では依然、トランプ氏の人気が最も高く、全米各州の予備選は同氏の影響力と党内の求心力を判断するリトマス試験紙の役割も担う。

原題:Goldman CEO Leads Firm’s Flood of Cash to MAGA-Fueled Senate Run(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE