コンテンツにスキップする

米株ファンドから資金流出、年初来で最大規模-リセッション懸念で

A Wall St. sign next to the New York Stock Exchange.

A Wall St. sign next to the New York Stock Exchange.

Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

投資家の株離れが急速に進んでおり、米国株に投資するファンドは年初来で最大の資金流出となった。リセッション(景気後退)懸念の高まりが背景にある。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジストがEPFRグローバルのデータを基にまとめたリポートによれば、米株ファンドは13日までの1週間で155億ドル(約1兆9900億円)の資金流出となった。欧州株ファンドは9週連続の流出。BofAの富裕層顧客も昨年11月以来となる規模で株式を手放した。

  マイケル・ハートネット氏らBofAのストラテジストは、食品やエネルギー価格が上昇する中でリセッションを「誰もが懸念している」と指摘。一方で債券利回りの上昇により、株式に代わる投資の選択肢はないとの議論は「変化しつつある」と述べた。

Almost all major equity indexes are down this year
 
出所:ブルームバーグ

原題:U.S. Stocks See Biggest Outflows of Year as Recession Fears Bite

(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE