コンテンツにスキップする

スリランカ、IMFに緊急融資を正式要請-深刻な経済危機に直面

  • アリ・サブリ財務相、米ワシントンでIMFとの協議を18日に開始
  • ラピッド・ファイナンシング・インストルメントの活用要請

スリランカは国際通貨基金(IMF)に対し緊急融資を正式に要請した。同国では経済危機の悪化に伴い、政治の混乱も深刻化しつつある。

スリランカ財務相、最大40億ドルの供与必要-18日にIMFと協議開始

  米ワシントンでIMFとの協議を18日に始めたアリ・サブリ財務相は、食料や燃料、医薬品の不足に対応できるよう早急な金融支援を求めている。

  スリランカ政府は19日の声明で、財務省がIMFに緊急融資制度の一つであるラピッド・ファイナンシング・インストルメント(RFI)の活用を要請したと明らかにした。同国の状況はRFIが通常適用される基準を満たしていないが、IMFからは要請を検討するとの連絡を受けていたという。

関連記事:

 

原題:Sri Lanka Officially Requests Rapid IMF Funds Amid Crisis (1)

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE