コンテンツにスキップする

食糧危機が深刻化へ、肥料コスト高騰でコメの生産量減少の可能性

  • ウクライナ侵攻で肥料原料の主要供給国であるロシアとの貿易が中断
  • 肥料原料の価格がこの1年だけで2倍あるいは3倍に上昇

肥料コストの高騰によりアジア全域でコメ農家が肥料の使用量を減らしている。価格上昇が抑制されない場合、人類の半数が主食とするコメの収穫を脅かし、本格的な食糧危機につながる可能性がある。

  インドからベトナム、フィリピンに至るまで、食糧増産には欠かせない肥料原料の価格がこの1年だけで2倍あるいは3倍となっている。肥料の使用量減少は、作物の収穫量減少を意味する可能性がある。国際稲作研究所(IRRI)は、次のシーズンに収穫量が10%減少し、コメ3600万トン、5億人分相当の供給が失われる恐れがあると予測している。

Rice Harvest At Suarez Farms
フィリピンでの新米の収穫(4月16日)
Photographer: Veejay Villafranca/Bloomberg

  IRRIのシニア農業エコノミスト、フムナス・バンダリ氏は、これは「非常に控えめな予測」で、ウクライナでの戦争が続けば、その影響ははるかに深刻なものになる恐れがあると指摘した。

  供給停滞や生産上の問題のほか、最近ではウクライナ侵攻で肥料原料の主要供給国であるロシアとの貿易が中断されたことを背景に、肥料価格が世界的に上昇している。肥料コストの高騰で農家が使用量を減らし、作物の収穫量が減少すれば食料品のインフレを引き起こしかねない。そうなった場合、世界のサプライチェーンが大きな打撃を受ける公算が大きい。

  コメ農家は特に影響を受けやすい。ウクライナでの戦争により世界の主要穀倉地帯が危機に見舞われる中で、小麦やトウモロコシなどの価格は高騰しているが、コメは十分な生産量や既存の備蓄により価格が抑えられている。これはコメの生産者がコスト高に対応しなければならない一方で、より高い対価を得ることができないことを意味している。

Diverging Fortunes

Rice prices have fallen in the past year unlike other major crops

Source: Data compiled by Bloomberg

原題:Food Crisis to Worsen as Fertilizer Costs Threaten Rice Output(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE