コンテンツにスキップする

リビアが最大の油田を閉鎖、原油生産は日量50万バレル強減少

  • シャララ油田に暫定統一政府首相退陣求めるデモ隊集結
  • エルフィール油田も同様の理由で生産停止に

リビアの原油生産は、政治デモの波が広がる中で1日当たり50万バレル以上減少した。

  日量30万バレル生産可能な同国最大のシャララ油田は暫定統一政府のドベイバ首相の退陣を要求するデモ隊が集結したことを受けて閉鎖された。これに先立ち日量6万5000バレルを産出するエルフィール油田も同様の理由で生産停止に追い込まれた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者1人によれば、リビアの生産量は日量53万5000バレル減少し、さらに落ち込む見込みだ。17日時点の日量生産量は最大110万バレルだった。

  リビア国営石油会社(NOC)は18日、リビア東部の輸出ターミナル、ズウェイティーナも原油積み出しを正式に停止し、「痛みを伴う閉鎖の波の始まり」との見解を示した。

リビア2港で原油積み出し停止、不可抗力条項を発動-抗議活動が影響

 

Libya’s Oil Network

OPEC nation has Africa’s biggest crude reserves

Source: U.S. Energy Information Administration

 

原題:

Libya Closes Biggest Oil Field and Warns of More Shutdowns (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE