コンテンツにスキップする

BofA、1-3月トレーディング収入は予想上回る-相場変動が寄与

  • 1-3月トレーディング収入は前年同期比7.1%減、予想16%減
  • 純金利収入は13%増、ローン残高は9931億ドルと前年同期比10%増

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA) の1-3月(第1四半期)トレーディング収入はアナリスト予想を上回った。他の大手米銀と同様に、市場のボラティリティーの恩恵を受けた。融資も伸びた。

  18日の決算発表によると、1-3月トレーディング収入は前年同期比7.1%減の47億2000万ドル(約6000億円)。アナリスト予想は16%減だった。

  ロシアのウクライナ侵攻がインフレ懸念と新型コロナウイルス禍に加わり市場変動に拍車をかけ、米銀のトレーディング業務は好調。

Equities Energy

Market turmoil lifted BofA's stock-trading revenue in the first quarter

Source: Company filings

  BofAの1-3月純金利収入は13%増の116億ドルとなった。四半期末のローン残高は9931億ドルと前年同期比で10%増えた。アナリスト予想は9864億ドルだった。

  アラステア・ボースウィック最高財務責任者(CFO)は発表資料で、純金利収入の増加は「ローンと預金の力強い伸びに支えられた」と説明。金利上昇見通しから、こうしたメリットは今後さらに大きくなるだろうともコメントした。

  投資銀行業務の収入は35%減となったが、助言手数料は18%増えた。債務引き受け収入は16%減、株式引き受けは75%減った。

  純利益は12%減の71億ドル。1株当たりでは80セントで、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は調整後で74セントだった。

原題:BofA Traders Get Boost From Market Volatility, Beat Estimates (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE