コンテンツにスキップする

中国、サプライチェーンの安定に軸足-厳格なコロナ対策の影響緩和

  • コロナを徹底的に抑え込む制限措置が中国経済下押し、供給網脅かす
  • 一部の企業活動の再開を認める例外措置の可能性示唆

中国当局は新型コロナウイルス対策がもたらす悪影響を抑えるため、サプライチェーン(供給網)の安定に向けた措置を強化する。金融支援を実施する方針を表明し、一部の企業活動の再開を認める例外措置の可能性も示唆した。

  肖捷国務委員が主宰し、劉鶴副首相も出席した18日の会議の声明を国営メディアが報じたところでは、中国当局は物流業界の労働環境などを改善させ、ローン返済延期など金融面の支援を従業員に提供する見通し。

  コロナを徹底的に抑え込む厳格な制限措置が中国経済の重しとなっており、サプライチェーンを脅かしている。上海市のロックダウン(都市封鎖)で工場は休業を余儀なくされ、物品を運ぶトラック不足も生じている。世界最大級の上海港ではコンテナが山積みだ。物流会社のフレックスポートによれば、中国の工場で生産された製品が米国の倉庫へと届く日数は平均で約115日に達し、2019年の50日から長期化している。

  国営新華社通信によると、中国政府は自動車や半導体、家電製品、食品、装置製造、医薬品などセクターならびに外国貿易の企業のリストを設け、サプライチェーンを支援する。詳細には言及しなかったが、先週後半に公表された上海での類似リストでは企業による生産再開に向けた計画の策定が認められた。

  中国当局は地方政府に対し、検問での物流業者の移動制限を緩和し、他の地域で実施されたコロナ検査の結果を認めるよう呼び掛けた。

  新華社によれば、中国人民銀行(中央銀行)の再貸し出しプログラムの一部からサプライチェーンの支援に向けて1兆元(約19兆8800億円)を活用し、技術革新に2000億元、交通物流に1000億元を振り向ける。

原題:China Turns Focus on Supply Chains, Pledging More Financial Aid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE