コンテンツにスキップする

北朝鮮、主要仮想通貨団体にハッカー攻撃も-デファイアンス創業者

  • 国家が後ろ盾のサイバー犯罪組織の標的になっているとの自覚が重要
  • アーサー・チョン氏は2020年にデファイアンス・キャピタルを設立

北朝鮮のハッカー集団は主要な暗号資産(仮想通貨)団体全てを狙っている可能性があると仮想通貨ファンドの創業者、アーサー・チョン氏が警告した。

  2020年にシンガポールでデファイアンス・キャピタルを設立したチョン氏は、これまでにハッキングに成功している北朝鮮はハッカー攻撃にリソースを一段と投じる可能性が高いと分析。自らも最近サイバー攻撃の犠牲となった同氏は仮想通貨各社に対し、リモートチームの採用には特に注意を払い、仮想通貨取引専用のコンピューターを用意するとともに、不要なトークン承認を取り消すよう助言した。

relates to 北朝鮮、主要仮想通貨団体にハッカー攻撃も-デファイアンス創業者
アーサー・チョン氏
Source:Defiance Capital LLC

  「国家が後ろ盾となり、リソースが極めて豊富で洗練されたサイバー犯罪組織の標的になっていることを、この業界が強く認識することが極めて重要だ」とツイートした。

  北朝鮮は最近、仮想通貨を狙ったサイバー攻撃を強化しているとみられる。人気オンラインゲーム「アクシー・インフィニティ」で使われているブリッジと呼ばれるソフトウエアを標的としたハッカー攻撃で6億ドル(約760億円)余りの仮想通貨が盗まれたが、米連邦捜査局(FBI)は北朝鮮のハッカー集団の仕業であることを突き止めたと14日に発表した。

北朝鮮ハッカー集団が過去最大の暗号資産強奪を実行-米FBI

原題:Crypto Fund Founder Warns Industry on North Korean Cyber Attacks (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE