コンテンツにスキップする

米老舗ピアノメーカーのスタインウェイがIPO申請-NYSE上場へ

  • 米ヘッジファンド運営会社ポールソンが2013年に買収
  • ゴールドマンとBofA、バークレイズが共同主幹事

169年の歴史を持つ米老舗ピアノメーカーのスタインウェイ・ミュージカル・インスツルメンツ・ホールディングスは14日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)を申請した。ティッカーシンボル「STWY」でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場を計画している。

  ニューヨーク市に拠点を置く同社は資産家ジョン・ポールソン氏率いる米ヘッジファンド運営会社ポールソンが2013年に買収。売り出しで集めた資金はポールソンを含む売り手株主のものとなる。暫定の目論見書によれば、上場後、議決権の半分強をポールソンが保有する。

  スタインウェイに対しては18年に中国国有の中国保利集団が買収に関心を示すなどしてきた。

  スタインウェイによると、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のさなかでも高級品の消費支出は持ちこたえ、21年の同社純売上高は前年比30%増の5億3800万ドル(約681億円)、純利益は14%増の5900万ドルだった。同社は直営のショールームを増やし、米国や欧州、アジアに33店を展開している。

  IPOの共同主幹事はゴールドマン・サックス・グループやバンク・オブ・アメリカ(BofA)、バークレイズが務める。

  スタインウェイは目論見書で「多くの偉大な音楽家がわれわれの楽器の品質を認め、素晴らしいステージで愛用してくれている」とコメントした。

関連記事

原題:

Storied 169-Year-Old Piano Maker Steinway Files for NYSE IPO (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE