コンテンツにスキップする

アリババ、「中国のアマゾン」なお遠く-政府締め付けでクラウド痛手

  • データ保全義務付けで国有企業やファーウェイのクラウドが台頭
  • CEOが主要事業と見込んだクラウド、国内外で苦戦強いられる

中国の電子商取引大手アリババグループは顧客関係や優れた技術力を活用して同国のインターネット業界で独占的な地位を占め、「中国のアマゾン・ドット・コム」になると長年みられていた。同社は新規事業進出でアマゾンを追撃し、2020年には時価総額は8500億ドル(約108兆円)超に急伸した。

  しかし、この戦略は中国政府の民間セクターへの締め付け強化によって損なわれている。中核事業の電子商取引は当局からさまざまな規制を課され、金融部門は収益性が特に高い一部事業からの撤退を余儀なくされた。しかし最も象徴的なのは、クラウド部門アリクラウドを巡る最近のトラブルだ。

  クラウド事業はアマゾンの事業モデルでも要となっており、クラウド部門アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のキャッシュフローが潤沢なため、同社は電子商取引事業への補助や、収益化まで時間がかかる新規事業への投資が可能だ。同社の昨年10-12月(第4四半期)決算でAWSを除いた営業利益はマイナスだった。

  アリババもクラウド事業を同様に位置付けており、社の「戦略の柱」の一つに挙げている。張勇(ダニエル・チャン)最高経営責任者(CEO)は以前、クラウド事業はやがて「アリババの主要事業」になり得るとの見解を示していた。同CEOは2月の決算発表時のアナリストとの電話会議で、中国のクラウド市場は2025年までに「1兆元(約20兆円)規模」になるだろうと述べた。

relates to アリババ、「中国のアマゾン」なお遠く-政府締め付けでクラウド痛手
世界経済フォーラム(WEF)での張勇氏(スイス・ダボス、2020年)
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

  しかし中国政府はアリババの計画を妨げており、同社がアマゾン並みの成功を収めることはかなわない見通し。中国共産党は近年、データの利用と安全性の問題に一段と注力しており、データは生産の重要な要素だとして、その保護を政府の優先課題とした。このため、企業と政府機関は国家安全保障上の問題としてデータ保全を義務付けられた。

  事情に詳しい複数の関係者によると、これを受け中国建設銀行や地方自治体など幅広い組織がアリババなど民間企業のクラウドプラットフォームの代わりに国有企業のプラットフォームに向かったという。

  アリババ創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が20年10月に中国の金融システムを批判して以来、アリババと中国政府の関係はこじれており、アリクラウドは特に強い圧力を受けている。

  アリババはサイバーセキュリティーを巡り当局と衝突しており、アリババのトラブルは今後も続き、クラウド事業がターゲットにされるのではないかとの新たな懸念が生じている。

  香頌資本の沈萌ディレクターは「アリクラウドはアリババ問題を抱えている」と指摘した。

relates to アリババ、「中国のアマゾン」なお遠く-政府締め付けでクラウド痛手
パリでの会議でインタビューに答える馬雲氏(2019年)
Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg

  事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにしたところでは、アリババは昨年、評価額1000億ドル超でのクラウド事業のスピンオフを検討したが、ビジネスと政治上の障害により、その後同計画を棚上げにしたという。

  アリババはこの件に関するコメントを控えた。中国建設銀にコメントを求めたが返答はなかった。

  アリクラウドの昨年10-12月期売上高はアナリスト予想を大幅に下回り、増収率はこの5年余りで最低となった。

  華為技術(ファーウェイ)や中国電信(チャイナ・テレコム)など中国政府との関係が良好な新進のクラウドプロバイダーがアリクラウドから一段と多くの顧客を奪っており、アリクラウドの21年市場シェアはなお1位ながら37%と、19年の46%から大きく下げた(調査会社カナリス調べ)。ファーウェイのシェアは19-21年に倍増した。

  フロスト・アンド・サリバンのシニアアナリスト、リビア・リー氏は「アリクラウドのビジネスの伸びが今後、以前の『黄金時代』ほど速くならないことは確かだ」と指摘。「国有企業のクラウドの台頭は中国の現状に合致しており、より多くの国有企業が参入するとみている」と説明した。

  アリクラウドは海外市場でも苦戦している。昨年には顧客だった北京字節跳動科技(バイトダンス)の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」との関係が離れ、打撃となった。バイデン米政権は現在、アリクラウドのサイバーセキュリティー調査を進めており、世界最大のクラウド市場である米国での見通しに暗雲が垂れ込めている。

  昨年12月にはソフトウエア脆弱(ぜいじゃく)性報告が遅れたとして、中国工業情報省がアリクラウドとのサイバーセキュリティー情報共有プラットフォームに関する協力を半年間停止した。

アリババ、脆弱性報告の遅れ認める-中国工業情報省の非難後

原題:Beijing Crackdown Derails Alibaba’s Bid for Amazon-Size Profit(抜粋)

(原文は「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」誌に掲載)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE