コンテンツにスキップする

マスク氏が「ラブ・ミー・テンダー」ツイート、公開買い付けか

更新日時
  • ツイッターはアドバイザーにゴールドマンに加えJPモルガン採用
  • ツイッター創業者ドーシー氏、会社はずっと「機能不全」と批判

米資産家で起業家のイーロン・マスク氏は週末に、「テンダー」という言葉を使った謎めいたツイートを発して投資家をぼうぜんとさせた。ツイッターの支配権取得に向け同社株主に対し「テンダーオファー(株式公開買い付け)」を行う可能性に言及したものとも考えられる。

  世界一の資産家でテスラの最高経営責任者(CEO)を務めるマスク氏は先週、ツイッターを1株54.20ドルで買収する総額430億ドル(約5兆4400億円)の案を提示。それを受けてツイッターはマスク氏などの投資家による株式の追加取得を難しくする「ポイズンピル(毒薬条項)」の導入を決めた。

  ツイッターの取締役が最終的にマスク氏の提案を拒否すれば、同氏が本当に株主に直接アピールすることも辞さない構えを見せたのか、単に1956年のエルビス・プレスリーのヒット曲「ラブ・ミー・テンダー」をプレイリストに追加しただけだったのかを知ることができる。

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のアナリストであるマンディープ・シン、アシュリー・キム両氏は15日、オラクル共同創業者ラリー・エリソン氏がテスラ取締役であることを踏まえると、マスク氏がプライベート・エクイティー(PE、未公開株)投資会社などに加え、オラクルとも手を組もうとする可能性があると予想。そうしたパートナーシップが実現すれば買収提案は500億ドルに引き上げられる可能性があると論じた。

  一方、ツイッター創業者ジャック・ドーシー氏は週末、同社がずっと「機能不全」状態にあると投稿し、自社幹部を批判する異例の行動を取った。

  ツイッターを巡る攻防でウォール街の金融機関も支援に動いている。ツイッターはゴールドマン・サックス・グループとJPモルガン・チェースをアドバイザーに起用。モルガン・スタンレーはマスク氏側の助言役を務めている。

    マスク氏が今月4日にツイッター株9.2%取得を開示して以来、同社株は約15%上昇した。しかし14日終値は45.08ドルと、マスク氏の提示額をかなり下回っており、買収の実現性への疑念を浮き彫りにした。

  一方でテスラの株価は同期間に9.2%下落した。投資家はテスラCEOのマスク氏が別の公開企業に気を取られると受け止めたようだ。また、中国の上海工場がロックダウン(都市封鎖)で何週間も閉鎖状態にあることも株価に下押し圧力となっている。テスラは今週、1-3月(第1四半期)決算を発表する予定で、アナリスト予想では売上高は約178億ドル、調整後1株利益は2.27ドルと見込まれている。

 

関連記事

原題:Elon Musk’s Cryptic Tweet Channeling Elvis Baffles Investors (2) (抜粋)

 

(ツイッターの株価動向などを追加して更新します。更新前の記事は4段落目のエリソン氏の肩書を訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE