コンテンツにスキップする

トリガー条項の凍結解除なければ、3党協議を離脱-国民・玉木代表

国民民主党の玉木雄一郎代表は17日、ガソリン税を一時的に軽減する「トリガー条項」の凍結解除がないということであれば、自民党と公明党との3党協議を離脱すると語った。オンライン出演したフジテレビの番組で発言した。

  玉木氏は、トリガー条項の凍結を解除しないのであれば協議をしている意味がないとし、今夏の参院選で「大々的に訴えるしかない」と述べた。物価高対策では家計の可処分所得の減少に対応することが重要とし、ガソリン減税とともに消費税減税を挙げた。供給対策として安全基準を満たした原子力発電所の再稼働や国産小麦の増産体制の強化を主張した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE