コンテンツにスキップする

20年ぶり円安を導いてしまった日銀総裁、次の円安誘発発言を市場警戒

  • 六車氏「変わらない日銀の情報発信が円売りにお墨付き与えている」
  • 唐鎌氏「黒田総裁がメッセージ変えないと130円突破のきっかけに」
日本銀行の黒田東彦総裁

日本銀行の黒田東彦総裁

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

およそ7年前の発言が1ドル=125円前後で円安に歯止めをかけたことから、外国為替市場で意識された「黒田ライン」―。日本銀行の黒田東彦総裁の発言が今度は逆に円安の材料になり、黒田ラインを突破して約20年ぶりの126円台へ後押しした。円安は日本経済にプラスと繰り返す黒田総裁の発言がさらなる円安を招く可能性もあり、次の発言機会に市場関係者の目が注がれている。

  13日午後3時過ぎ、黒田総裁は都内で開かれた信託大会であいさつしていた。「現在の強力な金融緩和を粘り強く続ける」との発言が速報で流れると、米長期金利の上昇を背景にじわじわ円安に向かっていたドル円相場は、一気に125円70銭から126円台前半に駆け上がり2002年以来の円安水準を付けた。

ドル円相場の推移
 
 

  毎年一度開かれる同大会での総裁のあいさつは、直前に開かれた金融政策決定会合の決定事項をなぞることが多く、材料視された発言も従来の姿勢を繰り返したにすぎない。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の六車治美シニアマーケットエコノミストは「信託大会でのあいさつがこれまで市場で材料視された記憶はない」と話す。

  インフレ高騰を受けて米国はじめ海外の中央銀行が引き締めに向かう中、日銀は金利を据え置いており、金融政策の方向性の違いを背景に内外金利差が拡大。円安が進みやすくなる中、「金融緩和一辺倒で変わらない日銀の情報発信が円売りにお墨付きを与えている」と六車氏はみる。

  日銀が長期金利の上限0.25%を突破するのを防ぐため、2月10日と3月28日に国債を無制限に買い入れる指し値オペを通告した際も円安が進行。野村証券の中島武信チーフ金利ストラテジストは「為替市場は日銀のオペや黒田総裁の発言に敏感に反応している」と指摘する。この間、鈴木俊一財務相など財務省関係者が円安けん制発言を繰り返しているが、ほとんど材料視されず、日銀への関心の高さがうかがえる。

次の発言機会は定例会見

  次に予想される黒田総裁の発言機会は28日の金融政策決定会合後の定例会見。3月18日の定例会見で「円安は経済にプラス」と述べた時も円安が進んでおり、みずほ銀行の唐鎌大輔チーフマーケットエコノミストは「同じ発言を繰り返すと円安をさらに加速させる可能性がある」と話す。

  六車氏は、日銀の緩和方針が円安容認ととられて投機的な円売りにつながっていることなどから、日銀が同会合で緩和色を若干薄めると予想する。政策金利のフォワードガイダンス(指針)について「現在の長短金利の水準、または、それを下回る水準で推移」から「当分の間、現在の長短金利の水準を維持する」に修正するとの見立てだ。

  六車氏と唐鎌氏は、黒田総裁が円安は経済にプラスという一面的な発言を封印し、「プラス面もマイナス面もある」といったバランスの取れた評価に徹するとみる。直後のゴールデンウイーク中に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれ為替相場が振れやすくなることを考えると、総裁がメッセージを変えないと「次のめどである130円を突破するきっかけになりかねない」と唐鎌氏は語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE