コンテンツにスキップする

米テスラ、近いうちに上海工場で一部生産再開を計画-関係者

  • 「クローズドループ」生産システムに入るよう一部従業員に要請
  • テスラは17日で操業休止が3週間に-新型コロナのロックダウンで

米電気自動車(EV)メーカー、テスラは上海工場で来週にも初期の操業を再開するための準備として、社員の呼び戻しを進めている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた中国の厳格なロックダウン(都市封鎖)を受け、同社は数週間にわたって生産を休止している。

  情報の非公開を理由に関係者が匿名で語ったところにると、テスラは15日、労働者が職場に寝泊まりして検査を定期的に受ける「クローズドループ」生産システムに17日に入るよう一部従業員に求めた。テスラの上海工場は17日で操業休止が3週間になる。

テスラのEV生産4万台近く落ち込みか、上海都市封鎖開始から約3週

  テスラにコメントを求めたが今のところ回答はない。  

原題

Tesla Plans to Partly Resume Production in Shanghai Plant Soon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE