コンテンツにスキップする

中国鄭州市、iPhone主要製造工場に近い地域をロックダウン

  • 鄭州空港経済区の一部地域、即時有効で隔離すると地元当局が発表
  • フォックスコン工場でここ数日、新型コロナ強制検査実施の命令

中国河南省鄭州市は台湾の鴻海精密工業(フォックスコン)の「iPhone(アイフォーン)」主要製造工場に近い一部地域をロックダウン(都市封鎖)にした。アップルのサプライチェーンにさらに支障が生じる恐れがある。

  地元当局は15日遅く、鄭州空港経済区の一部地域を即時有効で隔離するとソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」上の声明で発表した。

  鄭州空港経済区にあるフォックスコン工場ではここ数日、従業員への新型コロナウイルス強制検査実施が命じられていた。ロックダウンによる操業への影響の有無を尋ねる電子メールをフォックスコンとアップルに送ったが、今のところ回答はない。

関連記事

中国のiPhone製造拠点でコロナ強制検査-都市封鎖のリスク浮上

アップルの台湾サプライヤー、中国で生産を停止-コロナ規制に対応

原題:

China’s Zhengzhou Locks Down Areas Near Major IPhone Plant(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE