コンテンツにスキップする

NY連銀製造業景況指数、4月は急回復-仕入れ価格は過去最高

更新日時

4月のニューヨーク連銀製造業景況指数は急回復した。前月は予想外の活動縮小となっていた。仕入れ価格指数は過去最高を記録した。

キーポイント
  • NY連銀製造業景況指数は24.6に上昇-前月マイナス11.8
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想全てを上回る
    • 予想中央値は1
    • 指数はゼロが活動の拡大と縮小の境目
New York state manufacturing activity powers up along with prices paid
ニューヨーク連銀製造業景況指数
出所:NY連銀

  仕入れ価格指数は12.6ポイント上昇の86.4と、2001年のデータ開始以来の高水準。ロシアのウクライナ侵攻による商品市場への影響を浮き彫りにしている。販売価格指数は低下した。

  新規受注の指数は今年の最高水準に上昇。出荷の指数は昨年7月以来の高水準となった。雇用者数の伸びは鈍化した。

  入荷遅延の指数は前月から低下し、サプライチェーンの問題がやや落ち着きつつあることが示唆された。

  一方で、6カ月先の景況指数は21ポイント余り低下の15.2。受注や出荷の伸び減速が見込まれている。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:

New York Manufacturing Rebounds Sharply; Prices Paid Hits Record(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE