コンテンツにスキップする

中国人民銀、預金準備率を少なくとも0.25ポイント引き下げ

更新日時
  • 一部銀行についてはさらに0.25ポイント引き下げる
  • 実施は25日-10兆5000億円相当の流動性が放たれる

中国人民銀行(中央銀行)は15日、市中銀行の預金準備率を0.25ポイント引き下げると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の中で景気支援を強化する。

  一部の中小銀行についてはさらに0.25ポイント引き下げる。引き下げ実施は25日。これにより5300億元(約10兆5000億円)相当の流動性が放たれるという。人民銀は昨年12月にも預金準備率を引き下げていた。

RRR Cut

China's average reserve requirement ratio for banks to drop again

Source: People's Bank of China

  国務院は13日の会合で準備率引き下げを示唆。経済見通しが悪化する中で指導部は景気を刺激する金融・財政政策の必要性を主張していたが、人民銀は15日、中期貸出制度(MLF)の金利を据え置き、金融システムへの追加の流動性提供も見送っていた。

中国人民銀、予想外の利下げ見送り-預金準備率引き下げが焦点に 

  一方、政府は景気支援を狙い市中銀行に対して預金金利の引き下げを15日に要請したと、事情に詳しい関係者が述べていた。

中国が市中銀行に預金金利引き下げを要請、景気対策-関係者

  大方のエコノミストは預金準備率が0.5ポイント引き下げられると想定していた。大半の銀行を対象とした引き下げ幅が予想より小さかったことは、人民銀の金融緩和に対する慎重なアプローチを示唆している。引き下げ発表後、中国の10年国債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.77%となった。

Downward Pressure

China's growth outlook is threatened by worsening outbreaks

Source: National Bureau of Statistics, Bloomberg surveys

原題:China’s Central Bank Gives Lenders Cash Boost to Spur Growth (1)、PBOC Cuts Banks’ Reserve Ratio by At Least 0.25 Percentage Point(抜粋)

(最終段落を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE