コンテンツにスキップする

ブラックストーン、マンハッタンのオフィス拡張に向け合意-関係者

  • レキシントン街601番地のスペースを2倍余りに拡大
  • 金融・テクノロジー業界の一部大手、人員増加でオフィス拡張の動き

ブラックストーン・グループはマンハッタン・ミッドタウンのオフィス拡張に向けリース契約を結んだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開案件だとして関係者が匿名で語ったところでは、同社はテクノロジー・イノベーション担当グループが入居しているレキシントン街601番地のスペースを2倍余りに拡大する。同社のスペースは20万平方フィート(約1万9000平方メートル)増え、計30万平方フィート余りになるという。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で空室が目立つマンハッタンのオフィス市場にとって、今回の契約は追い風となる。

  ハイブリッド型の勤務形態が普及する中で多くの入居者がスペースを縮小する一方、金融・テクノロジー業界の一部大手は人員増加で新たなオフィスを模索。ケン・グリフィン氏率いるシタデルやメタ・プラットフォームズ、アンドレアス・ハルボーセン氏のヘッジファンド会社バイキング・グローバル・インベスターズなどは新たなリースを検討している。

  ブラックストーンと同社側の仲介業者ニューマーク・グループの担当者はいずれもコメントを控えた。当該物件のオーナーであるボストン・プロパティーズにコメントを求めたが、すぐには返答がなかった。

関連ニュース:

ヘッジファンドのバイキング、NY市でオフィス拡張を計画-関係者

ニューヨーク市の金融街、オフィス過剰供給-空きスペース記録更新

ウォール街のオフィス復帰、今度こそ本物か-七転八起の経営陣

原題:Blackstone Signs Deal to Expand Offices in Midtown Manhattan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE