コンテンツにスキップする

【債券週間展望】長期金利は0.25%付近で推移か、指し値オペ上昇抑制

4月第3週(18-22日)の債券市場で長期金利は0.25%付近で推移すると予想されている。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締め観測から金利上昇圧力が掛かりやすいが、国内の長期金利は日本銀行が許容する上限0.25%付近では指し値オペの実施で上昇が抑制されるとみられるためだ。

市場参加者の見方

◎三菱UFJモルガン・スタンレー証券の稲留克俊シニア債券ストラテジスト

  • 米金利上昇でも日本は指し値オペでそれには追随しない構図。米金利低下であればある程度連動する可能性はある
  • 日銀の指し値オペ実施は、長期金利0.245%が目安だろう。到達するかは、米金利と日銀会合への思惑次第となる
  • 週内は流動性供給入札2回のみで需給面では大きな材料はない。長期金利は高値もみ合いで、0.25%を上限に方向感は出にくい
  • 27、28両日の日銀政策決定会合に徐々に注目が集まっていくが、イールドカーブコントロール(YCC)修正のような決定は想定されておらず、大きく金利が動くことはない見通し
  • 新発10年債利回りの予想レンジは0.225%~0.245%

◎岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジスト

  • 国内市場にはあまり注目材料が見当たらない中で、米債券相場をにらみながらとなろうが、相場の方向感は定まらず、膠着(こうちゃく)状態が続くだろう
  • 携帯電話通信料引き下げの影響がはく落する4月以降の消費者物価は、目標の2%の上昇率に近づいていくとみられ、物価動向への市場の注目度は高まっている。為替市場では円安が進んでおり、物価上昇への警戒感は今後さらに高まるとみられ、国債利回りの低下を抑える要因になろう
  • 大型連休を控えて下値では投資家の押し目買いが続くだろう。流動性供給入札が2回予定されているが、市場の需給環境は良好と思われる
  • 新発10年債利回りの予想レンジは0.210%~0.250%

国債入札予定

 対象発行予定額
19日

流動性供給

(残存期間5年超15.5年以下)

5000億円程度
21日

流動性供給

(残存期間15.5年超39年未満)

5000億円程度

日銀買い入れ予定

 対象年限買い入れ予定額
20日1年超3年以下4750億円
 3年超5年以下4750億円
 5年超10年以下5000億円
 10年超25年以下1250億円

主な材料

  • 18日:国際通貨基金(IMF)・世界銀行、春季会合(24日まで)
  • 18日:1-3月期の中国国内総生産(GDP)
  • 19日:IMF世界経済見通し
  • 20日:3月の貿易収支発表
  • 20日:20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議
  • 21日:IMF主催のパネル討論会、パウエルFRB議長とラガルド欧州中央銀行総裁が参加
  • 22日:3月の全国消費者物価指数(CPI)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE