コンテンツにスキップする

「アップルウオッチ」の血圧計機能、24年以降となる可能性-関係者

アップルはスマートウオッチに血圧計機能を追加する計画で幾つかの問題にぶつかっており、2024年まで導入は見込めないと事情に詳しい関係者が明らかにした。

  「アップルウオッチ」のユーザーが高血圧であるかどうかを判断するセンサー・ソフトウエア改良に取り組んでいるチームは複数あるが、テストで正確性に課題があることが示されている。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。アップルは従業員を対象に血圧関連テクノロジーのテストを実施している。

  少なくとも4年間にわたり血圧計機能が計画されているが、市場に投入できるまで恐らくまだ2年はかかり、25年までずれ込む可能性もあると関係者は説明している。アップルの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Apple Targets Watch Blood-Pressure Tool for 2024 After Snags (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE