コンテンツにスキップする

東京地検特捜部、SMBC日興と佐藤元副社長らを起訴-相場操縦

更新日時
  • 元エクイティ部部長の山田誠被告は別の銘柄の相場操縦罪で起訴済み
  • SMBC日興を舞台にした相場操縦事件で10銘柄が不正取引の対象に
A pedestrian outside the head office of SMBC Nikko Securities Inc.

A pedestrian outside the head office of SMBC Nikko Securities Inc.

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

東京地検特捜部は13日、不正な株取引で株価の維持を図ったとして、法人としてのSMBC日興証券と、同社元副社長の佐藤俊弘容疑者(59)、エクイティ部部長だった山田誠被告(44)を金融商品取引法違反(相場操縦)の罪で起訴したと発表した。

Views of Nomura and Other Financial Institutions Ahead of Earnings Report
SMBC日興のロゴ
Source: Bloomberg

  東京地検の発表によると、佐藤被告と山田被告は2021年4月8日、株主が保有する株を大量に処分する際に用いられる「ブロックオファー」と呼ばれる取引で、特定の1銘柄の株価を不当に維持したとされる。山田被告は別の4銘柄でも不正取引があったとして立件された。

  証券取引等監視委員会は12日、今回の起訴に先立ち佐藤被告ら4人を告発。監視委によると、佐藤被告が関与したのは大正製薬ホールディングスの株式で、残りはジンズホールディングス、トヨタ紡織、日本ペイントホールディングス、ゴールドウインの株式だった。監視委が告発したうち、2人は起訴されなかった。

  SMBC日興は13日夕、今後、検察側の証拠開示の内容も確認していくものの「当社として内部管理態勢上の不備があったことは否定できず、法人としての責任は免れない」との認識を表明。その上で「事態を重く受け止め深く反省している」と陳謝し、関係当局の捜査・調査に誠実に対応していくなどとコメントした。

   公表資料などによると、佐藤被告は1987年に旧住友銀行に入行。市場運用、市場営業業務などで経験を積み、2017年4月に三井住友銀行の常務執行役員に就任。19年5月にSMBC日興常務執行役員に転じ、エクイティ本部などを含むグローバル・マーケッツ副統括となった。20年3月の専務執行役員への昇進から逮捕まで、グローバル・マーケッツ統括を務めた。

  SMBC日興元役員らによる相場操縦事件を巡っては、別の5銘柄の不正取引で、法人としての同社と元専務執行役員のトレボー・ヒル(51)被告や山田被告ら5人が既に起訴されており、これで起訴されたのは6人となった。不正取引の対象となった銘柄は合わせて10銘柄に及ぶ。

(東京地検の発表内容を追加して更新します)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE