コンテンツにスキップする

ソフトバンクG出資のインド人起業家夫婦、大型IPO目指す-関係者

  • オブビジネス、最大2500億円規模のIPOを検討
  • IPO前の資金調達として約4億ドルを集める方向
Ruchi Kalra, co-founded OfBusiness with husband Ashish Mohapatra.
Ruchi Kalra, co-founded OfBusiness with husband Ashish Mohapatra.

インド人起業家のルチ・カルラ、アシシュ・モハパトラ両氏が創業したスタートアップ、オブビジネスは最大20億ドル(約2500億円)規模の新規株式公開(IPO)を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者によれば、原材料の大口購入でインド企業を支援するオブビジネスは10月ごろに上場書類を提出する可能性がある。夫婦であるカルラ、モハパトラ両氏の創業チームは複数の金融機関と協議している。

  オブビジネスはまた、数カ月以内にIPO前の資金調達として約4億ドルを集める方向で話を進めていると関係者の1人は説明。同社がその後、20億ドル規模のIPOを実施すれば、インドでは電子決済サービス会社ペイティーエム(Paytm)を運営するワン97コミュニケーションズ以来の大型上場となる。

ペイティーエム株、初日は大幅安-印最大IPOは25億ドル規模 

  オブビジネスがIPOの可能性について協議しているのは、ゴールドマン・サックス・グループモルガン・スタンレー、インドのコタック、アベンダス、ICICIセキュリティーズだ。

  ロシアのウクライナ侵攻やインフレ加速でマクロ経済を巡る不確実性が高まり、リスク資産には逆風が吹いているが、オブビジネスは昨年終盤に行った直近の資金調達ラウンドで評価された50億ドルを上回る企業価値があると判断されることを望んでいると関係者は語った。

  カルラ氏(38)とモハパトラ氏(41)が共同で創業したオブビジネスは2016年に事業を開始。同社の正式社名はOFBテックだ。2人はその後、タイガー・グローバルソフトバンクグループから出資を受け、オキシゾ・フィナンシャル・サービシズの設立に関与。デジタル与信のオキシゾは先月2億ドルを集めた最初の資金調達で10億ドル以上の価値があると見なされるユニコーン企業となった。

  モハパトラ氏はオブビジネスの最高経営責任者(CEO)で、カルラ氏はオキシゾのCEOだ。カルラ氏はブルームバーグテレビジョンとの11日のインタビューで、今後「6カ月から2年の間に両社共に上場する」との見通しを示した。

カルラ氏がブルームバーグテレビジョンに語る
Markets: Asia

原題:OfBusiness Said to Seek $2 Billion in Mega Indian Tech IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE