コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、ロシアがウクライナで「ジェノサイド」と非難

更新日時
  • 「戦争犯罪」としていた従来の姿勢からさらに踏み込む
  • ウクライナ人たる概念を「プーチンは消し去ろうとしている」と批判
U.S. President Joe Biden

U.S. President Joe Biden

Photographer: Rachel Mummey/Bloomberg

バイデン米大統領は12日、ロシア軍が侵攻したウクライナでの行為はジェノサイド(集団殺害)に当たるとの認識を初めて示し、プーチン大統領に対する非難の語調を一段と強めた。

  アイオワ州でのイベントで演説したバイデン氏は、ウクライナでの戦争におけるロシアの行為を「ジェノサイド」と表現した。その後、記者団の質問に答えて自身の発言に変わりはないことを強調した。

President Biden Visits A Poet Ethanol Mill In Iowa
アイオワ州で演説したバイデン大統領(4月12日)
Photographer: Rachel Mummey/Bloomberg

  バイデン氏は記者団に「ウクライナ人でいられることの概念をプーチンが単に消し去ろうとしているのがますます明白になっており、自分はジェノサイドと見なす。証拠はどんどん増えている」と指摘。厳密にジェノサイドに該当するかどうかは「法律家の国際的な判断に委ねる」としつつも、「私には確かにそのように見受けられる」と語った。

  米政府当局者はこれまで、ロシアの行為が必ずしもジェノサイドに該当しないとの見解を表明してきた。ウクライナの首都キーウ近郊のブチャで民間人に対する残虐行為が明らかとなった後、バイデン氏も4日の段階では、ロシア軍による戦争犯罪があったとし、プーチン氏を「戦争犯罪人」と呼んでいた。

  ウクライナのゼレンスキー大統領はツイッター投稿でバイデン氏の12日の発言に言及し、「真のリーダーによる真実の言葉だ。悪に立ち向かうには、物事をその名の通り呼ぶのが不可欠だ」とコメントした。

原題:Biden Accuses Putin of Committing ‘Genocide’ in Ukraine (1)、Biden: It’s Becoming Clear Putin Committing Genocide in Ukraine(抜粋)

(バイデン大統領の発言の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE