コンテンツにスキップする

ファンドマネジャーの悲観度は過去最悪-BofA顧客調査

  • スタグフレーション予想、2008年以来の高水準-極端な悲観に傾く
  • BofA買いシグナル点灯も、「値上がり時の売り」推奨を維持

世界の成長に関する楽観は過去最低に落ち込み、リセッション(景気後退)懸念が投資家の間で高まっている。バンク・オブ・アメリカ(BofA)のファンドマネジャー調査が示した。

  4月の調査によると、景気が悪化すると見込む投資家の割合は過去最高。スタグフレーションの予想は2008年8月以来の高水準で、金融政策のリスクに対する指摘も記録的な多さだった。合計運用資産8330億ドル(約104兆6000億円)の運用者292人を対象に4月第1週に調査した。

  米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的な引き締め姿勢に転じるに伴い投資家の悲観度が増していることを浮き彫りにした。投資家の姿勢は極端な悲観に傾き、株式市場への参入の好機を探る逆張り指標であるBofAの買いシグナルが点灯した。債券利回り上昇の中で世界の株式相場は4月に軟調となっている。

Gloom Descends
 
出典:ブルームバーグ

  だがBofAのストラテジストは、この買いシグナルに乗ずる考えはなく、「値上がり時の売り」を引き続き勧めていると表明した。今年初めの株価下落は「2022年の前菜」にすぎず、メインコースとも言うべき本格的な下げはこれからやって来るとみている。

  マイケル・ハートネット氏らはリポートで「世界の成長と株式への資金配分のずれは依然として驚異的」だと指摘した。

 

Gloom Descends

Fear of an economic downturn is becoming more pronounced

Source: BofA Global Fund Manager Survey, April 2022

Note: BofA surveyed 292 participants with $833 billion in assets under management between April 1 and April 7, 2022

  調査によると、投資家は世界的なリセッション(景気後退)を最大のテールリスクと見なしている。3月に最も大きなリスクに挙げられていたウクライナ戦争は4番目に後退した。

その他の調査結果は以下の通り。

  • 今年の米利上げ回数予想は7回と先月調査の4回から増加。引き締めサイクルは来年4月に終わると予想
  • 現金、商品、ヘルスケア、エネルギー、素材株にロング、債券と一般消費財銘柄、ユーロ圏株式を敬遠
  • 商品には過去最大のネットオーバーウエート。石油と商品のロングが最も集中した取引、米国債のショートとテクノロジー株ロングが続く
  • 64%の投資家はS&P500種株価指数がまず4000を下回ると予想。26%はその後5000を超える水準に上昇すると見込む。FRBの「プット」発動は3637と期待

原題:

BofA Says Fund Managers in Deepest Gloom as Recession Woes Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE