コンテンツにスキップする

インド、対ロシア輸出を2500億円相当増やす計画-関係者

  • 二国間貿易を続けるため自国通貨を通じた取引を探っている
  • インド・ロシア間の貿易は21年4月からの11カ月間で118億ドル

インドはロシア向けの輸出をさらに20億ドル(約2500億円)相当拡大する計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。ウクライナに侵攻したロシアに対し国際的な制裁が科される中で、インドとロシアは二国間貿易を続けるため自国通貨を通じた取引を探っている。

  モディ政権は幾つかのインド製品への市場アクセス自由化をロシア政府と協議している。非公開の話し合いだとして関係者は匿名を条件に述べた。

  両国政府はインド・ルピーとロシア・ルーブルで取引を決済する案に向け作業を進めているほか、インドがロシア産品の純輸入国となっていることを踏まえ、貿易収支の均衡を図る方法も検討する。

  米国とその同盟国の対ロシア制裁発表後にロシア向け輸出を停止した国が供給していた産品を、インドが輸出することも検討している。医薬品やプラスチック、有機・無機化学品、家具、コメ、紅茶・コーヒーなどの飲料、乳製品などがこうした輸出品に当たるという。

  インド商工省の報道官は電子メールでのコメント要請に応じなかった。インド・ロシア間の貿易は2021年4月からの11カ月間で118億ドルと、前年度の81億ドルをすでに上回っている。

関連記事:

原題:India Plans $2 Billion More of Exports to Sanctions-Hit Russia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE