コンテンツにスキップする

【ウクライナ】交渉「行き詰まり」とプーチン氏、困難とポドリャク氏

更新日時
  • 衝突は「悲劇」だが「軍事作戦」は継続-プーチン大統領
  • ゼレンスキー氏、石油制裁呼び掛け-スロバキアは戦闘機供与検討

ロシアのプーチン大統領はウクライナとの和平交渉が「行き詰まっている」との認識を示した。同国との衝突は「悲劇」だとしつつ、「軍事作戦」は継続すると表明した。

プーチン氏、ウクライナとの交渉は「行き詰まり」-侵攻は継続 (1)

  ブチャをはじめ北部地域で非武装の民間人を殺害するなど、ロシア軍が戦争犯罪を行ったとウクライナが非難した後、両国の和平交渉に進展の兆しはほぼない。ウクライナ側の交渉チームメンバー、ポドリャク大統領府顧問は交渉が「極めて難しい」と語った。

  ウクライナのゼレンスキー大統領は対ロシア制裁を拡大し、石油や全ての銀行を対象に含めるよう、欧州連合(EU)にいま一度呼び掛けた。

コラムとQuickTake

  ウクライナ情勢を巡る最近の主な動きは以下の通り。

ウクライナ交渉担当者:協議は続いているが、難しい

  ウクライナのポドリャク大統領府顧問は、ロシアとの協議が作業部会で続いているものの、「感情的な背景が難しい」とワッツアップのメッセージに記した。ロシアは交渉過程で自らの主張を通そうと、公式声明を利用することを画策しているという。

プーチン氏、ウクライナとの交渉は「行き詰まっている」

  ロシアのプーチン大統領はベラルーシのルカシェンコ大統領とともに記者会見し、「軍事作戦」は「計画通り」進んでいると主張した。ウクライナのブチャで報告された残虐行為に初めて公に触れ、ロシア軍に責任があるとする主張は「偽情報」だと否定した。

アルセロール・ミタル、ウクライナで高炉再稼働へ

  欧州最大の鉄鋼メーカー、アルセロール・ミタルはウクライナ政府の要請に応じ、同国南部クリビーリフにある高炉を再稼働させる。同社は戦争開始時に施設の稼働を停止していた。まずは平時の約5分の1の銑鉄生産を目指す。

ウクライナへの帰国者が増加-国境管理当局

  国外からウクライナに戻る人が1日当たり約3万人に増加したと、同国の国境管理当局報道官が明らかにした。戦争開始当初の帰国者は大半が男性だったが、今は女性や高齢者、子供が増えているという。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は戦争開始後に国外に退避した避難者の数を430万人以上、国内避難者は約710万人に上るとみている。

プーチン氏:西側との争いは不可避だった

  プーチン大統領はロシア極東のボストーチヌイ宇宙基地で、西側との争いは不可避だったと主張。ロシアはあまりに大きいため、世界の他地域から孤立することはないと語った。

relates to 【ウクライナ】交渉「行き詰まり」とプーチン氏、困難とポドリャク氏
ボストーチヌイ宇宙基地を訪れたプーチン大統領(右)とベラルーシのルカシェンコ大統領(左)
Source: Kremlin via AP Photo

ゼレンスキー氏、石油制裁を再び訴える

  ウクライナのゼレンスキー大統領はリトアニア議会で演説し、EUの対ロシア制裁について「幾つかの極めて強力な決定を下す必要があり、それを直ちに第6次の制裁パッケージとともに打ち出す必要がある」と訴えた。

スロバキア、ウクライナに戦闘機供与を検討

  スロバキア政府は旧ソ連製ミグ戦闘機のウクライナへの供与を検討していることを示唆した。同国紙Smeがヘゲル首相とのインタビューを引用して報じた。

フィンランドのノキア、ロシア市場から撤退へ

  フィンランドの通信機器メーカー、ノキアはロシア市場から撤退すると発表した。

ロシアは「著しい軍事的脅威」急増-NATO加盟に傾くフィンランド

  ロシアを著しい軍事的脅威と考えるフィンランド国民は、2月24日にロシア軍がウクライナに侵攻し、全面戦争を仕掛けた後、全体の84%に達した。フィンランド・ビジネス政策フォーラムが侵攻から2週目と3週目の国民の意識を調査したところ、ロシアを著しい軍事的脅威と感じる割合は、1年前から25ポイント急上昇した。2005年時点では全体の33%未満にとどまっていた。

ロシアは「著しい軍事的脅威」急増-NATO加盟に傾くフィンランド

Finns Feel Threatened

How well does the description of Russia as a significant military threat correspond with your image of Russia today?

Source: Finnish Business and Policy Forum EVA

Poll conducted by Taloustutkimus Oy March 4-15 had 2,074 responses.

ウクライナのインフラ損害額2700億ドルと財務相-報道

  ウクライナのマルチェンコ財務相は英紙FTとのインタビューで、ロシア軍の攻撃で破壊されたインフラの損害額は約2700億ドルに上り、住宅約7000棟が損壊したと述べた。同国の企業の約30%が事業を停止しており、電力消費量は35%減少したという。

日本政府、プーチン氏娘やズベルバンクなどの資産凍結

  日本政府は12日、ロシアへの追加制裁として個人398人と28団体に対し、資産凍結などの措置を科すと発表した。対象にはプーチン大統領の2人の娘やラブロフ外相の妻と娘、ズベルバンクやアルファ銀行などが含まれる。

米印首脳がオンライン会談、ウクライナ侵攻による影響への対応巡り

  バイデン米大統領とインドのモディ首相は11日にオンライ形式で会談し、ロシアによるウクライナ侵攻による影響にどう対処するか率直な議論を行った。バイデン政権高官が明らかにした。

  ホワイトハウスのサキ報道官によれば、バイデン大統領はインドによるエネルギー輸入の多角化を米国が支援する準備があると伝えた。

バイデン米大統領とインドのモディ首相は11日にオンライン形式で会談
Source: Bloomberg

シカゴ小麦先物、3月下旬以来の高値-供給懸念や悪天候で

  11日のシカゴ市場で小麦先物相場が続伸し、3月下旬以来の高値で取引を終了した。短期的な供給懸念や米国での悪天候が材料視された。

オーストリア首相、和平実現に「悲観的」-プーチン氏と会談後

  オーストリアのネハンマー首相はモスクワでプーチン大統領と会談した後に記者団に対し、東部での暴力の連鎖を挙げてウクライナの和平実現に関して「やや悲観的」だと述べた。

ロシア侵略は「より長期で非常に残虐」な段階に入る公算大と米分析

  米国防総省のカービー報道官は、ロシアがウクライナのドンバス地方掌握に焦点を移す中で、ロシアの侵略は「より長期的かつ非常に残虐」な段階に入る可能性が高いと米国は分析していると記者会見で明らかにした。

ドイツ、ウクライナに追加軍事支援へ-首相

  ドイツのショルツ首相は同国がウクライナに追加軍事支援を行うと述べた。詳細は明らかにしなかった。

マリウポリ市民の累計死者数1万人超と市長-報道

  ウクライナ南東部の港湾都市マリウポリのボイチェンコ市長は、同市ではロシアの侵攻開始以来、1万人超の民間人が死亡したと述べた。AP通信との電話インタビューで語った。

  それによると、同市長は遺体が「市の路上にじゅうたんのように敷き詰められている」と惨状を訴え、死者数は2万人を超える可能性があると話した。同市長は先週、暫定推計として死者数は5000人と明らかにしていた。

  市長はまた、ロシア軍が移動式の遺体焼却炉を市内に持ち込んでいると指摘。ロシアが大虐殺を隠蔽(いんぺい)するために市内への人道物資輸送を拒否していると非難した。

ウクライナ南東部の港湾都市マリウポリでは犠牲者の遺体を探し出す作業が続いている。市長によると、少なくとも1万人の民間人が死亡した(4月11日)
Source: Bloomberg
関連記事

OPEC、ロシアのウクライナ侵攻が石油需給に打撃-見通し引き下げ

WTO、世界の貿易見通しを下方修正-戦争でデカップリングの恐れ

インド、対ロシア輸出を2500億円相当増やす計画-関係者

世界的リセッションの危険高まる、ロシア侵攻と中国鈍化で-PIIE

ロシア産原油700万バレル消失、OPEC能力で肩代わり不能-事務局長

ロシア、侵攻前に人民元とユーロの保有を引き上げ-ドル保有は減らす

原題:Ukraine Update: Putin Calls Talks With Kyiv ‘at a Dead End’Ukraine Update: U.S. Warns India Over Russian Energy Imports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE