コンテンツにスキップする

シカゴ小麦先物、3月下旬以来の高値-供給懸念や悪天候で

11日のシカゴ市場で小麦先物相場が続伸し、3月下旬以来の高値で取引を終了した。短期的な供給懸念や米国での悪天候が材料視された。

  米国の大平原諸州での悪天候が小麦先物の支援材料となっているほか、ウクライナの穀物協会は今年の小麦の収穫量が1820万トンと、昨年の半分近くに減少するとの見通しを示した。米農務省と国連は8日、ウクライナのトウモロコシ出荷見通しを下方修正した。

  小麦先物は一時3.4%上昇した後、2.9%高の1ブッシェル=10.89ドルで引けた。

原題:Wheat Closes at the Highest Since Late March on Supply Worries(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE