コンテンツにスキップする

ロシア、侵攻前に人民元とユーロの保有を引き上げ-ドル保有は減らす

ロシアは保有するドルなどの外貨に米国と同盟国が制裁を科した後でも、人民元と金の準備資産を十分保有している。ロシア中央銀行のナビウリナ総裁が11日、議会への年次報告でこう明らかにした。

  ロシア中銀はドルへのエクスポージャーを減らす近年の取り組みを継続。準備資産に占めるドルの比率は1月1日時点で10.9%と、1年前の21.2%から低下した。一方、ユーロの保有比率は29.2%から33.9%に上昇した。

  人民元は17.1%と1年前の12.8%から上昇し、金は21.5%と小幅低下した。

Away From Dollar

Russia boosted share of euro, yuan, while cutting dollar in its international reserves

Source: Bank of Russia

  ロシアのウクライナ侵攻後、米国と同盟国はロシア中銀が保有する準備資産へのアクセス制限など、包括的な制裁を発動。ロシア政府当局者によると、こうした制限措置により同国の外貨準備高6420億ドル(約80兆6000億円)の約半分が凍結された。

ロシア、外貨準備の半分へのアクセスを失った-シルアノフ財務相

原題:

Russia Added Yuan, Euro to Reserves Before War, Cut Dollar Share(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE