コンテンツにスキップする

テスラの中国生産車、3月輸出は過去最低の60台-力強い内需で

  • 上海工場からの出荷台数は計6万5814台、大半が国内市場に回る
  • 中国の3月の乗用車販売台数は前年比10.9%減の161万台-乗連会

米電気自動車(EV)メーカー、テスラの上海工場からの輸出は3月にわずか60台と過去最低だったことが、全国乗用車市場情報連合会(乗連会)のデータで明らかになった。中国の力強い内需が生産分の大半を吸収した。

  テスラ上海工場からの3月のEV出荷台数は計6万5814台。その大部分の6万5754台が国内市場に回った。

  上海市のロックダウン(都市封鎖)などに伴う6日間の操業停止にもかかわらず、テスラが3月に中国で生産・納入したEV台数は昨年12月以来の高水準となった。

  3月の数字についてテスラにコメントを求めたが、すぐには返答がなかった。

  乗連会のデータによると、中国全体で3月の乗用車販売台数は前年同月比10.9%減の161万台。前月比では25.3%増加した。新エネルギー車(NEV)の販売台数は前年同月比137.6%増の44万5000台だった。

原題:Tesla China Exports Slump to Just 60 Cars on Strong Local Demand、China March Retail Passenger Vehicle Sales Fall 10.9% Y/y : PCA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE