コンテンツにスキップする

米中の10年債利回り逆転、12年ぶり-金融政策方向が正反対

更新日時
  • 米金融当局による積極的な引き締め観測広がる
  • 中国人民銀は今週、景気下支えでMLF金利引き下げるとの見方有力

中国の10年物国債利回りが12年ぶりに同年限の米利回りを下回った。米金融当局による積極的な引き締め観測が広がる一方、中国は緩和スタンスを堅持している。

  中国10年債の同年限の米国債に対するスプレッド(利回り格差)はマイナス0.20ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、2010年6月以来の低さ。先週公表された3月15、16両日の連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨では、ロシアのウクライナ侵攻がなければ3月会合で「多く」の当局者が0.5ポイント利上げを支持していたが、実際に侵攻が起きたことを受けて0.25ポイントにとどめたことが分かり、米国債が売られている。

FRB、年間1.1兆ドルのペースでバランスシート圧縮計画-議事要旨

  一方、中国人民銀行(中央銀行)は今週、新型コロナウイルス感染拡大に対応するロックダウン(都市封鎖)や不動産セクターの減速で圧迫されている景気下支えに向け、中期貸出制度(MLF)の1年物金利を引き下げるとの見方が有力だ。

中国に金融緩和観測、来週にも利下げとの見方広がる-景気下支え

原題:China Yield Premium Over U.S. Vanishes as Treasury Yields Spike(抜粋)

(背景などを追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE