コンテンツにスキップする

米インフレ率、3月にピークか-その後もなお高止まりの可能性

  • 3月のCPIは前年同月比8.4%上昇、1982年以来の高水準-BN予想
  • 家賃などの上昇と戦争含む外的要因がインフレ低下を阻む可能性

米国のインフレ率は3月にピークに達する可能性があるが、サービス需要増加と地政学的リスクを背景に物価圧力は高止まりする公算が大きい。

  年間インフレ率は米連邦準備制度の目標である2%をはるかに上回っており、当局者はタカ派姿勢に転じた。米連邦公開市場委員会(FOMC)は5月の会合で政策金利を0.5ポイント引き上げ、バランスシートの縮小を開始すると予想されている。

  FOMCは先月、インフレ抑制に向け利上げを開始。一連の追加利上げが見込まれているが、需要を抑える取り組みが奏功するには時間がかかる。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の間に目立った中古車などへの価格圧力は和らぎ始めたものの、家賃などは上昇圧力が続く恐れがある。

  ドイツ銀行の米国担当シニアエコノミスト、ブレット・ライアン氏は「中古車やトラックなどの価格圧力は和らぎ始めると予想しているが、実際、より持続的なインフレ押し上げ要因はコア消費者物価指数(CPI)の押し上げ要因だ」と分析した。

  12日の統計発表に先立ち、ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、3月のCPIは前年同月比8.4%上昇となる見通し。これは1982年初め以来の高水準で、ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギーコスト上昇を反映している。前月比上昇率は1.2%と、2005年以来の高水準が見込まれている。

Fresh Four-Decade High

Economists expect inflation to accelerate in March, boosted by energy

Source: Bureau of Labor Statistics, Bloomberg

Note: March figures are the median estimates in a Bloomberg survey of economists.

  エコノミストはインフレ率が10-12月(第4四半期)に平均5.7%に落ち着くと予想。それでも、パンデミック以前の数年間に見られた年間インフレ率の約3倍の水準だ。

モノとサービス

  そうした予測の背景には、サプライチェーンの圧力が和らぎ始め、モノのインフレの最悪期が終わりに近づき、より多くの国民の支出がサービスに振り向けられるといった想定がある。ここ1年のインフレ加速のかなりの部分は、自動車や家庭用家具などの製品価格上昇が原因だったが、そうした高額商品の購入頻度は少ない傾向がある。

  Tロウ・プライス・グループの米国担当エコノミスト、ブレリナ・ウルチ氏は「モノのインフレは鈍化し続けると予想している。そうならなければ、年後半のインフレ見通しが懸念される」と述べた。

  状況を複雑にしている要因の1つは中国でのロックダウン(都市封鎖)で、既に脆弱(ぜいじゃく)なサプライチェーンを圧迫し、世界中の海運を滞らせている。米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事は最近の講演で、消費者需要がモノからシフトするにつれ、サービスのインフレが加速するかどうかを注視していると語った。

Services inflation is picking up steam, bolstered by rent growth
 
 

  CPIの構成項目で、エコノミストが最も懸念しているのは指数全体のほぼ3分の1を占める住宅家賃で、2月は月間ベースで05年以来となる高い伸びを記録した。当局が金融引き締めにどれほど積極的に取り組むかに影響する可能性があるとドイツ銀のライアン氏はみている。

  ソシエテ・ジェネラルの米国担当チーフエコノミスト、スティーブン・ギャラハー氏はエネルギーがモノの価格を押し上げ続ける一方で、「他の物品は横ばいになり始めていると考えている。問題はヘッドラインのインフレ率を許容できるペースもしくは当局目標に近い水準に押し下げるには不十分だということだ。家賃もサービスも上昇率は4%余りで、加速しそうだ」と指摘した。

供給リスク

  エコノミストは今後数カ月で総合インフレ率が落ち着くとの楽観的な見方を強めているものの、米国外で起きたイベントがそうした予測への大きなリスクとなっている。ロシアのウクライナ侵攻に中国のロックダウンが重なり、インフレ見通しは短期的に悪化する可能性がある。

  Tロウのウルチ氏は「現在は食料品とエネルギーの両方で価格が大幅に上昇しており、年後半にさらなる食料インフレにつながる恐れがある。それに加え、サプライチェーンの制約の可能性がインフレ圧力を増幅させかねない」との見方を示した。

原題:U.S. Inflation May Peak in March, But It’s a Slow Go to Fed’s 2%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE