コンテンツにスキップする

当面の消費者物価、プラス幅をはっきりと拡大すると予想-日銀総裁

日本銀行の黒田東彦総裁は11日、当面の消費者物価(除く生鮮食品)の前年比について、エネルギー価格の大幅な上昇や原材料コスト上昇の価格転嫁の進展、携帯電話通信料下落の影響のはく落から、「プラス幅をはっきりと拡大すると予想される」と語った。支店長会議であいさつした。

他の発言
  • 景気は一部に弱めの動きも、基調としては持ち直し
  • 景気の先行き、資源価格上昇の影響受けつつも回復へ
  • 消費者物価の前年比、0%台半ばとなっている
  • 金融システムは安定維持、金融環境は緩和した状態
  • ウクライナ情勢の経済・物価への影響、不確実性高い
  • 新型コロナの影響注視し、必要なら躊躇なく追加緩和
  • 引き続き資金繰り支援と市場の安定維持に努めていく
  • 政策金利、現在の長短金利または下回る水準を想定
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE