コンテンツにスキップする

米最高裁判事に初の黒人女性、ジャクソン氏指名を上院が承認

  • バイデン大統領は選挙運動での公約果たす-中間選挙前の推進力に
  • ジャクソン氏は就任まで現職継続、人工中絶訴訟の審理に加わらず

米上院は7日、バイデン大統領が連邦最高裁判所判事に指名したケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏を賛成多数で承認した。黒人女性が米最高裁判事に就くのはジャクソン氏が初めて。最高裁判事の保守派とリベラル派の比率は変化しない。

  ジャクソン氏(51)に対する賛成票は53票。民主党の上院議員全員に共和党から3議員が加わった。

President Biden And Ketanji Brown Jackson Watch As Senate Votes On Supreme Court Nomination
米上院に最高裁判事指名を承認されたケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏を祝福するバイデン大統領
Photographer: Chip Somodevilla/Getty Images

米最高裁判事候補にジャクソン氏、初の黒人女性-歴史的な人選に

  バイデン大統領は2020年の選挙運動で、最初の最高裁判事人事で黒人女性を指名すると公約していた。バイデン氏の支持率が低迷する中、秋の中間選挙を前に民主党は政治的な推進力を得ることになりそうだ。

  ジャクソン氏は最高裁判事としての宣誓就任まで現職のワシントン連邦高等裁判所判事にとどまり、人工妊娠中絶を巡る訴訟など今会期の注目案件の審理には加わらない。

原題:Jackson Confirmed as First Black Woman on U.S. Supreme Court(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE