コンテンツにスキップする

ECB、0.5ポイント利上げもあり得る-エコノミストの見方

  • 9月の50ベーシスポイント利上げもあり得る-ING
  • 1回以上の会合で50bp利上げの可能性-ドイツ銀

INGグループとドイツ銀行のエコノミストは欧州中央銀行(ECB)が年内に単一の会合で0.5ポイントの利上げを決定する可能性があるとみている。

  INGのカルステン・ブジェスキ氏は7日のリポートで、高インフレの長期化は「ECBをひどく不安にさせるため、9月の50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)利上げ」もあり得るとの見方を示した。

  マーク・ウォール氏らドイツ銀のエコノミストは今週、「ECBは1回かそれ以上の会合で50bp利上げを実施する可能性がある」と指摘した。

Racing to Zero

Economists bring forward predictions for a hike in the ECB’s deposit rate

Source: Bloomberg

Note: No ECB meetings in May, August, November. Chart assumes 2023 meetings in January, March

  50bp利上げなら中銀預金金利はゼロとなり、8年にわたるマイナス金利は終わる。ロシアのウクライナ侵攻が成長を鈍化させるリスクがあるものの、ECB目標の2%の3倍を超えるインフレ率は中銀に行動を迫る。 

  ラガルド総裁は先週、金利調整は緩やかに行うと発言。市場は9月と12月、来年1月、3月に0.25ポイントずつの利上げがあると見込んでいる。

  INGの基本予想は今年10-12月(第4四半期)と来年早期の0.25ポイント利上げだが、「より早く、より積極的な正常化」のリスクもあるとみている。

  ドイツ銀は、9月から2023年12月の間に250bpの利上げを見込んでいる。モルガン・スタンレーも最近、初回利上げ幅の予想を拡大させた。

 

原題:

Economists Wonder If ECB Could Kick Off With Half-Point Hike(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE