コンテンツにスキップする

豪裁判所がトヨタ車搭載部品の欠陥認定-トヨタは判決内容を精査

オーストラリアの連邦裁判所は7日に開いた訴訟の判決で、トヨタ自動車製の車に使われた部品に欠陥があったと認定した。これに対し、トヨタは判決内容を精査しているとした。

Toyota Vehicles and Dealerships Ahead of Earnings Announcement
トヨタ車のロゴ
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

  同裁判所は同日の判決で、トヨタが欠陥のあるディーゼル微粒子捕集フィルターを搭載した車を豪州内で26万台以上販売したと認定した。対象となる車種は2015年10月から20年4月にかけて販売されたピックアップトラック「ハイラックス」や多目的スポーツ車(SUV)「フォーチュナー」などで、多額の損害賠償につながる可能性がある。

  トヨタ広報担当の本間英章氏は電話取材に、今回の一審判決を慎重に検討した上で今後のコメントを出すと述べた。その上で、「トヨタはどの段階においても、お客さまの不安を解消するためにお客さまの視点に立ち、技術的な根拠に基づいた改善策を実施してきた」と考えているとした。

  

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE