コンテンツにスキップする

ECBの早期利上げあり得る、6月の数字見て決定へ-独連銀総裁

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、ナーゲル・ドイツ連邦銀行総裁は、ECBが次の金融政策対応に関する決定を夏より前に行う方向だと述べ、早期の利上げもあり得るとの認識を明らかにした。

  ナーゲル総裁は公共放送ARDとのインタビューで、「6月に明らかになる数字に基づき、われわれは新たな決定を行う。間もなく預金者がより高い金利を享受できる可能性を現状は示唆している」と語った。

  ナーゲル氏は、さまざまな特殊要因もあってユーロ圏の今年のインフレ率は平均6%に達する可能性があると予測。こうした物価上昇ペースについて、「定着させてはならない。ユーロシステムにおいて、それが今年のわれわれの課題になるのは間違いない」と発言した。

原題:

ECB to Take New Decisions on Policy Path in June, Nagel Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE