コンテンツにスキップする

テスラ上海工場、少なくとも7日まで操業停止へ-関係者

A Tesla Motors logo appears on the side of a Tesla Model S electric sedan.

A Tesla Motors logo appears on the side of a Tesla Model S electric sedan.

Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米電気自動車(EV)メーカー、テスラの上海工場の操業停止は少なくとも12日間に及ぶ見通しとなった。中国が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)初期以来で最悪となる感染拡大に見舞われる中、上海市では感染拡大抑制に向けたロックダウン(都市封鎖)が無期延長となった。

  テスラは5日、上海工場の操業停止が少なくとも7日までは続くと一部の部品供給業者と従業員に通知した。複数の関係者が非公開の情報だとして匿名を条件に話した。上海市内を東西に分けたロックダウンが始まった3月28日以降、同工場の稼働停止は続いている。

Tesla Gigafactory In Shanghai As Carmaker's Dominant Position in China Could Be Threatened Next Year
テスラ上海工場(2020年12月撮影)
Source: Bloomberg

  上海工場は3月にロックダウン関連以外で2日間操業を停止しており、それと今週の祝日も含めると、ここ数週間での操業停止は計12日に上る。

  テスラの中国担当者にコメントを要請したが、回答は得られていない。

原題:

Tesla Halted, Chips Pile Up as Shanghai Lockdown Upends Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE