コンテンツにスキップする

米・EU・G7、ロシアへの追加制裁発表へ-民間人殺害を非難

更新日時
  • 米国による対ロ投資禁止措置やEUの石炭禁輸が含まれる-6日発表
  • ロシア当局者に責任を負わせる取り組みの一環-米大統領報道官

米国と欧州連合(EU)および主要7カ国(G7)は、ロシアへの追加制裁の取りまとめに協調して取り組んでおり、これには米国による対ロ投資禁止措置やEUの石炭禁輸が含まれる。ロシア軍が撤収したウクライナの町で、殺害された民間人の遺体が見つかるなど、ロシアによる残虐行為への非難が強まっている。

  サキ米大統領報道官は5日、米政府がロシアの金融機関や国有企業に対する制裁を強化するほか、複数のロシア当局者とその家族に制裁を科すことを計画していると明らかにした。「結果を伴わせ、ロシア当局者に責任を負わせるためのわれわれの継続的な取り組みの一環だ」と記者団に語り、発表は6日に行われると付け加えた。

  追加制裁に関する報道を受け、ルーブルは対ドルで下落した。

  ウクライナ首都キーウ(キエフ)郊外のブチャで、ロシア軍撤収後に明るみになった残虐行為は世界に衝撃を与えた。ウクライナ当局者は、ロシア軍が多数の民間人を殺害したと非難。手首を縛られて銃殺されたと見られる男性などの写真を証拠として提示した。

  ロシア大統領府は民間人殺害を否定し、ウクライナ政府による捏造(ねつぞう)だと主張したが、それを裏付ける証拠は示していない。

 米国と欧州連合(EU)および主要7カ国(G7)は、ウクライナでの残虐行為を巡るロシアへの追加制裁を発表する。事情に詳しい米当局者が明らかにした。
Source: Bloomberg

  欧州委員会のフォンデアライエン委員長は5日、農産物や人道支援、エネルギーの輸送を除き、ロシアのトラックや船舶の大半についてEUへの入域禁止を提案することを明らかにした。

EU、ロシア産石炭輸入の禁止提案へ-残虐行為巡る報告で (1)

  EUはさらに、ロシアのプーチン大統領の娘2人を制裁対象に加えることを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

プーチン大統領の2人の娘、EUが制裁検討-関係者

  フォンデアライエン委員長は今週キーウを訪問してウクライナのゼレンスキー大統領と会談する。同大統領は米欧に追加の武器供給を強く求め続けている。6日からはブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)外相会議が開かれる。

  新たな制裁は、ロシア国家権力の主要な手段を弱めるとともに、ロシア経済に直ちに深刻な打撃を与えることを意図していると、事情を直接知る米当局者1人は説明。ロシアによる戦争を資金面で支える「収奪政治」に責任を負わせるとした。

原題:Russia to Face Fresh U.S., EU, G-7 Sanctions Amid Rising Outrage(抜粋)

(サキ大統領報道官のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE