コンテンツにスキップする

プーチン大統領の2人の娘、EUが制裁検討-関係者

  • ロシア軍の残虐行為疑惑でEUは新たな制裁対象リストを協議
  • 2人の娘の生活は秘密に包まれ、ロシア大統領府は名前も確認せず
Russian President Vladimir Putin. 

Russian President Vladimir Putin. 

Photo: AFP via Getty Images

欧州連合(EU)は、ロシアのプーチン大統領の娘を制裁対象に加えることを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ロシア軍がウクライナの民間人を殺害したとされる問題に、EUは対応の取りまとめを図っている。

  新たな制裁対象者にはこのほか、政治家や大物実業家、その家族など個人数十人が含まれるという。このリストはEU加盟国政府の承認が必要で、まだ変更される可能性もある。

  プーチン氏の2人の娘、マリア氏とカテリーナ氏がロシア国外に多額の資産を持っているかは不明で、制裁対象となっても象徴的な意味合いが強いが、プーチン氏の注意を引く狙いがある。2人の生活は秘密に包まれ、別の姓を名乗っている。ロシア大統領府がこれまで娘の名前を確認したことはなく、成人になってからの写真を公開したこともない。

  プーチン氏は2015年、2人はともにロシアの大学を卒業し複数の言語を話すなど、自身の娘について幾つかの詳細を明らかにした。

  ロシア大統領府のペスコフ報道官はテキストメッセージで、EUの制裁案を承知していないとして、正式発表を待つ意向を示した。

原題:Putin’s Daughters Risk EU Sanctions Amid Anger Over Ukraine (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE