コンテンツにスキップする

人材採用支援リモート、約3700億円との評価で資金調達-SVF2主導

  • 3億ドル調達-ソフトバンクVF2に加えアクセルやセコイアも出資
  • 2019年の設立以降の調達額は計4億9500万ドル

企業の国際的な人材採用を支援するスタートアップ、リモート・テクノロジーは約30億ドル(約3700億円)の企業価値評価で3億ドルを調達したことを明らかにした。

  今回の出資はソフトバンクグループのソフトバンク・ビジョン・ファンド2(SVF2)が主導し、アクセルやセコイア・キャピタル、インデックス・ベンチャーズ、ツーシグマ・ベンチャーズなど既存投資家も参加。これでリモートが2019年の設立以降に調達した額は計4億9500万ドルとなった。

relates to 人材採用支援リモート、約3700億円との評価で資金調達-SVF2主導
リモートのヨブ・ファンデルフォールトCEO
Source: Remote Technology Inc.

  同社は60余りの国・地域で企業の人材採用を支援する人事プラットフォームを備え、顧客にはドアダッシュなどが名を連ねる。

  リモートのヨブ・ファンデルフォールト最高経営責任者(CEO)は、将来的には住む場所を問わず良好なキャリア機会が得られるようになるはずだとし、同社の顧客は「素晴らしい人材を採用するだけ」だと述べた。

  同CEOによると、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で企業はリモート従業員の採用強化に軸足を移しており、同社の成長も加速したという。

原題:SoftBank-Backed Startup Remote Nears $3 Billion Value in Funding(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE