コンテンツにスキップする

スリランカ、デフォルト「不可避」の様相-前日就任の財務相辞任

更新日時
  • 経済危機の深刻化に政局混乱、議員から大統領への辞任圧力強まる
  • 7月償還ドル建て債は1ドル当たり59セント-20年5月以来の安値

スリランカではインフレ高進と長期停電に対する抗議行動が内閣改造という事態につながり、債券価格が下落した。深刻化する経済危機に政局混乱が加わり、政府の債務返済能力が損なわれるとの懸念が強まった。

  5日には前日就任したばかりのサブリ財務相が辞任した。その前任はラジャパクサ大統領の弟のバシル氏だった。辞任理由についてはまだ明らかにされていない。大統領に対する議員からの辞任圧力は一段と強まっている。

  スリランカはアジアで最高水準のインフレ率に見舞われている。増大する市民の怒りに直面し、権力を握るラジャパクサ一族と距離を置く政府高官や政治家が相次いでいる。

  7月に償還日を迎える10億ドル(約1226億円)のドル建てスリランカ国債の価格は約2%安の額面1ドル当たり59セントと、7セント値下がりして2020年5月以来の安値。今後4カ月弱で迎える償還日に債務履行は難しくなるとの投資家の見方がますます強まっていることが示唆された。スリランカ・ルピーは対ドルで0.7%安の1ドル=299ルピーと、今年に入り対ドルでの下落率は世界で最も大きい。

  政局混乱はスリランカが現金不足に見舞われ資本統制や輸入規制を実施する中で起きた。危機深刻化を受けた抗議デモの盛り上がりを受け、1日には非常事態宣言が発令された。必需品購入のためのドルが不足するスリランカは、デフォルト(債務不履行)回避に向け返済条件の再交渉を目指している。先月には国際通貨基金(IMF)の支援を模索した。

ドル不足のスリランカ、債務再編とIMF支援探る-内閣改造 

  新興市場に特化した調査会社テリマーのエコノミスト、パトリック・カレン氏は「政局混乱の前でもデフォルトは不可避だったが、政府が近いうちにIMFプログラムを確保し債券保有者と話し合える見込みも低下した」と指摘。「幅広い政情・社会不安の見通しも下振れリスクを拡大しており」、利回り上昇や回収可能価値の低下につながる恐れがあるとした。

Sri Lanka dollar bonds have fallen as amid street protests, cabinet reshuffle
 
 

  スリランカの貿易赤字は昨年12月に倍増して11億ドル、外貨準備は今年2月時点で約23億ドル。一方、フィッチ・レーティングスによると、今年中に返済期限を迎える対外債務は70億ドル近い。これには1月に返済された5億ドルの債券や7月が期限の債券が含まれる。

原題:Rajapaksa Under Pressure as New Sri Lanka Finance Chief Resigns

Sri Lanka Default Seen ‘Inevitable’ as Bond Losses Deepen (2)

(抜粋)

(見出しと第2、3段落を書き換え、第4段落に情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE