コンテンツにスキップする

テスラの上海工場は4日も操業停止、東部の封鎖解除でも-関係者

米電気自動車(EV)メーカー、テスラの上海工場は4日も操業が停止されると事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。この日に生産再開が予定されていると一部メディアが報じていた。

  テスラは3日、電子メールで送付した従業員宛て書簡で、既存の新型コロナ関連制限措置を継続すると伝えたほか、自宅にとどまりコミュニティーの命令に従うよう求めた。ブルームバーグが同書簡を確認した。上海市のロックダウン(都市封鎖)に伴い、テスラはこの数週間にギガファクトリーの操業停止を何度か延長している。

  一部従業員がロックダウンから復帰し始めたことから、テスラは4日から上海工場を生産再開する計画だとロイター通信が先に報じていた。テスラの工場がある上海市の東側エリアでは、4日間にわたるロックダウンが1日朝に解除されたものの、なお厳しい移動制限が課されている。

  上海市は4日から新たに一連の集団検査を開始すると複数の現地当局者が明らかにした。2日の同市の新規感染者数は8000人を上回り、うち7788人が無症状だった。

テスラ、1~3月の出荷台数が過去最高を更新-31万48台

原題:Tesla Shanghai Plant Is Said to Remain Closed Amid Lockdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE