コンテンツにスキップする

北朝鮮、韓国国防相のミサイル発言を激しく非難-金与正氏らが談話

  • 韓国のミサイル攻撃能力に言及した徐旭国防相の発言に強く反発
  • 徐氏の発言で南北関係がさらに悪化したと金与正氏

北朝鮮最高指導者の金正恩朝鮮労働党総書記の妹である金与正党副部長と朴正天党書記は、韓国の徐旭国防相が北朝鮮に対する先制攻撃に言及したとして激しく非難した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が3日、それぞれの2日付の談話を伝えた。

  聯合ニュースの1日の報道によると、徐氏は韓国のミサイルが北朝鮮のどの攻撃拠点も精密に打撃できる能力を有し、標的を「正確かつ迅速に」攻撃できると発言したが、先制攻撃には言及していない。

South Korean Defense Minister Suh Wook Hints It May Strengthen Military Ties With Japan
韓国の徐旭国防相
Photographer: Jean Chung/Bloomberg

  朴党書記は、徐氏を「核保有国に対する『先制攻撃』をうんぬんするばか」だなどと非難。韓国側が先制攻撃すれば「わが軍はソウルの主要な標的と南側の軍を壊滅させるのに軍事力を容赦なく集中するだろう」と述べた。

  金与正氏も徐氏を「血気にはやった」人物で「くずだ」などとののしり、先制攻撃に関する発言で南北関係はさらに悪化し朝鮮半島の軍事的緊張が高まったと主張。北朝鮮は「南について多くを再考するだろう」と述べた。

原題:

North Korean Officials Hit Out Against South’s Missile Comments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE