コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、「ナスダックのクジラ」関連部門で大半を清算-報道

  • 運用子会社SBノーススターで構築したポジションの大半を手じまう
  • ソフトバンクG幹部のアクシェイ・ナヘタ氏が3月末で退社とも報道

ソフトバンクグループは投資運用子会社SBノーススターで構築したポジションの大半を手じまったと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が事情に詳しい関係者を引用して報じた。ノーススターは、米ハイテク株のデリバティブ(金融派生商品)に大規模投資をして相場を動かした、いわゆる「ナスダックのクジラ」と呼ばれる取引に関わっていたとされ、60億-70億ドル(約7350億-8580億円)の損失を被ったという。

  FT紙が当局への届け出を基に2日報じたところによれば、ノーススターを統括するSBマネジメントは、2021年末時点で10億ドルをわずかに上回る規模の米上場株しか保有していない。1年前は170億ドル余りあった。

  欧州株への投資も同期間に大半を清算しており、その中にはスイスの医薬品メーカー、ロシュ・ホールディングへの投資50億ドル相当も含まれるとFTは伝えた。「わずかに」残ったポジションはソフトバンクグループに移管されたとしている。FTは引用した関係者の氏名は明らかにしていない。

  ソフトバンクグループ幹部で同社の大型投資案件に携わってきたアクシェイ・ナヘタ氏が3月31日に退社したとも、FT紙は別の関係者の話を基に報道。ブルームバーグは昨年12月、同氏が退社に関して協議中だと報じていた。

関連記事

ソフトバンクG孫社長、SBノーススターでの個人損失は1500億円 (1)

ソフバンクG、幹部アクシェイ・ナヘタ氏が退社に関し協議中-関係者

原題:SoftBank Liquidates Most of Portfolio at ‘Nasdaq Whale’ Unit: FT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE