コンテンツにスキップする

対ロシア制裁、さらに強化していく方法しかない-萩生田経産相

萩生田光一経済産業相は3日朝のNHKの討論番組で、ロシアへの制裁措置について「今の段階ではさらに制裁を強化していく方法しかない」と認識を示した。

  萩生田氏は、資産凍結や輸出禁止措置によって「ロシア経済が回らなくなっているのは事実だ」と指摘した上で、国際社会と協調して追加の対応を検討すると述べた。制裁の緩和は「和平が明確になった段階で国際社会で考えていくことだ」と話した。

  • 対ロシア
    • 制裁する側へのマイナスも避けては通れず、経済への影響はかなり大きいと認識
    • ロシアでの日本企業の事業継続は一義的には企業判断を尊重、状況が長引けば商売の継続は難しくなる
    • 撤退すれば(他で高く資源を売却できるため)ロシアを利することになる-サハリン1・2
  • エネルギー
    • 原油、天然ガス価格が高止まりの状況であり、円安と相まって暮らしへの影響を懸念
    • 燃料価格高騰への対応は、今月末までに5月以降どうするのか、ウクライナ情勢が長引くのかしっかり見極めたい
    • エネルギー基本計画の見直し作業にただちに入るのは拙速だ
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE