コンテンツにスキップする

中国、大半の企業監査に米当局の完全アクセス容認か-規則修正案

  • 証監会、海外上場企業の財務データの共有慣行規制を緩和
  • 米国は監査情報開示などの規則に従わない企業の上場廃止期限を設定

中国は海外上場企業の財務データ共有に関する慣行を制限する10年にわたる規則を修正した。米規制当局にとって、ニューヨーク市場に上場する中国企業200社余りの大半の監査報告書への完全なアクセスを阻む主要なハードルが取り除かれる可能性がある。

  証券監督管理委員会(証監会)は2日、他の規制当局との共同声明で、現地検査は主として中国の規制当局によって実施されるか当局の検査結果を信頼すべきだとする要件を規則修正案で削除したことを明らかにした。一方で、海外市場に直接ないし間接的に上場する全ての企業は、機密情報やデリケートな情報を適切に管理し、国家の情報セキュリティーを保護する責任を負うとした。

  今回の修正は中国政府にとっては異例の方針転換。米国は監査情報開示などの規則に従わない企業のニューヨーク証券取引所とナスダックでの上場を廃止する期限を2024年に設定。中国側と長年対立していたが、規則修正により論争に終止符が打たれる可能性がある。

  中国当局がニューヨーク上場の自国企業の大半について、監査報告書への米規制当局の完全なアクセスを認める枠組みを準備しているとブルームバーグ・ニュースが報じたのを受け、米国上場の中国株は1日に上昇した。

中国、大半の企業監査に米当局の完全アクセス容認も-関係者  

 

原題:

China Removes Major Hurdle to Allow U.S. Full Access to Audits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE