コンテンツにスキップする

ECB、9月以降はいつでも利上げあり得る-オランダ中銀総裁

  • 債券購入は「第3四半期の初めに」終了するべきだ
  • 1日発表の3月ユーロ圏インフレ率、再び過去最高を更新

欧州中央銀行(ECB)は今年夏よりも前に債券購入を終了させ、9月にも利上げができるよう道筋を整えるべきだと、政策委員会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁が主張した。

  政策委員会内で最もタカ派の1人とされるクノット氏は1日、ECBには金融緩和の脱却を緩やかに進める余裕が依然ありそうだが、「恐らく」第3四半期の初めに債券購入を停止するべきだと述べた。この日発表されたユーロ圏のインフレ率は再び過去最高を更新した。

ユーロ圏インフレ率、3月も過去最高更新-市場予想を大幅に上回る

  クノット氏はブルームバーグテレビジョンに対し、「夏休み明けに、利上げに関してあらゆる可能なシナリオを排除する立場には現在ないと思う」と発言。「9月、10月、12月。いずれもあり得る」と語った。

relates to ECB、9月以降はいつでも利上げあり得る-オランダ中銀総裁
 
Source: Bloomberg Economics

  

原題:

Knot Says ECB Could Raise Interest Rates Any Time From September(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE