コンテンツにスキップする

投資銀行の1-3月業績は予想以上に、ゴールドマンが有利-JPM

A Goldman Sachs Group Inc. logo hangs on the floor of the New York Stock Exchange.

A Goldman Sachs Group Inc. logo hangs on the floor of the New York Stock Exchange.

Photographer: Bloomberg/Bloomberg

キアン・アボホセイン氏らJPモルガン・チェースのアナリストは、世界の投資銀行の1-3月(第1四半期)業績は市場予想を上回るとの見通しを示した。

  アナリストらは1日のリポートで「投資銀行の市場事業収入は、ロシアとウクライナの状況がエスカレートしてボラティリティーが高まり、デリバティブ活動が活発化したことで改善したと思われる」と分析した。

  2021年1-3月に比べれば減収となる見通しだが、市場予想ほど悪くはならないと予測。通年の1株当たり利益は平均2%増えると見積もっている。

Volatility spike in commodities seen as opportunity for global investment bank
 
 

  債券、通貨、商品トレーディングの中では商品が最も高パフォーマンスとなり、株式トレーディングもデリバティブの活発化が寄与するとみられている。

  このためJPモルガンは、商品事業に強みを持つゴールドマン・サックス・グループをトップピックとしている。

 

原題:

Investment Banks Will Beat Expectations, JPMorgan Analysts Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE