コンテンツにスキップする

破綻した中国半導体企業の買い手、買収代金の一部支払えず-関係者

  • 紫光集団の買い手はJACキャピタルが主導するコンソーシアム
  • 支払期限の延長が認められる可能性はまだある

経営破綻した中国の半導体企業、紫光集団の買い手が、買収代金の支払いを先月末の期限までに完了できなかったことが、事情に詳しい関係者の話で分かった。

  政府系の半導体投資ファンド、JACキャピタル北京建広資産管理)が主導するコンソーシアムは、紫光の買収に充てる600億元(約1兆1600億円)のうち、146億元をまだ支払っていない。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。関係者は支払期限の延長が認められる可能性はあるとも説明した。

  JAC側はアリババグループが率いるコンソーシアムに入札で競り勝ち、紫光の買い手となっていた。北京の名門校、清華大学の関連会社である紫光の救済は、中国の安全保障問題と見なされていた。清華大は習近平国家主席の母校。

アップル、中国勢含め新たな半導体メモリーの調達先探る-関係者 

  JACと紫光の担当者に電子メールと電話でコメントを求めているが、今のところ返答はない。JCAと関係会社ワイズ・ロード・キャピタルが紫光の債務返済に充てる600億元の提供を申し出ていた。

原題:China Chipmaker’s Buyer Said to Miss $9 Billion Payment Deadline (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE